運動の強さの目安の取り方

東京医科大学教授(腎臓内科)中尾俊之先生からの投稿です。
運動の強さの感じ方は、各個人の基礎体力により個々に違います。


たとえば、日ごろは何も運動をしていない人が、運動会で少し走っただけでもたいへんな思いをするのに対し、日ごろよりトレーニングを積んでいる運動選手では、運動会
走るなどはほんの準備体操程度のことでしょう。各個人にとっての運動の強さの目安は、ある運動をしたときの1分間当たりの脈拍数によってわかります。(表参考)
強度の割合 強度の感じ方
60歳代/50歳代/40歳代/30歳代/20歳代
——————————————————————————————
100% 最高にきつい 、身体全体が苦しい
155/60秒/165/175/185/190  
——————————————————————————————
90% 非常にきつい 、若干言葉が出る 息がつまる
145/155/165/170/175
——————————————————————————————
80% きつい、続かない、やめたい、喉が渇く
135/145/150/160/165
——————————————————————————————-
70% ややきつい、緊張、どこまで続くか不安である
125/135/140/145/150
——————————————————————————————-
60% やや楽である、いつまでも続く、充実感
120/125/130/135/135  
——————————————————————————————-
50% 楽である、フォームが気になる、物足りない
110/110/115/120/125
——————————————————————————————-
40% 非常に楽である、楽しく気持ちがよい、物足りない
100/100/105/110/110
——————————————————————————————-
30% 最高に楽である、じっとしているより動いたほうが楽
90/90/95/95/95
——————————————————————————————-
20% 座っているのと同じ、安静
80/80/75/75
——————————————————————————————-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA