2005年07月21日(木)

走り方:楽しく、賢く、元気よく。そして、長く、ゆっくり、美しく。
人生:名もなく、貧しく、美しく。


2005年07月21日(木)00時01分
教室を除いて終日休養。。。。。。。。しかし。。。。。。
急げ!!ルーク・スカイウォーカー!!
そう、出版社との打ち合わせがありました。今日は、編集長も一緒!!逃すな、クライアント!!逃げるな!!ダース・ベイダー!!(じゃないな。。。)
教室の印象、「ちょっと頑張る」と「うんと頑張る」の区別、走り方を学びましょう。
では、お休み、オビ・ワン。
——————————————————————————————-
2005年07月19日(火)22時38分
ヤモリ現る!!
四日続け、一日休養の後、三日続け、その三日目の今日、遂にその疲労は極に達し、食欲減退。まだ、91kmしか走っていないのに。。。。これもパフォーマンスを高めるための克服すべきプロセスなのでしょう。東宮御所は静かでした。
——————————————————————————————-
2005年07月18日(月)23時55分
7月12日から始めたトレーニング。毎日、赤坂御所4周。(但し16日はお休み)
一周の平均25分(給水時間も含む)。これまでの走行距離78km。
体重、著しい変化無し。今日の体重は逆に増え76.5kg。これは、本日恥ずかしながら便通が無かったことによると考えられる。筋肉痛、特に屈筋が痛い!!。フルマラソン翌日状態。坂道を上るより、下ることの辛さこの上なし。
そうそう、バーゲンでチノパン買いました。気になるウエスト、肥満時と変わりなし。
昼下がりの赤坂御所はランナーも少なく、走りやすかったです。しばらく赤坂御所四周を続けます。
——————————————————————————————-

2005年07月21日(木)” への1件のコメント
  1. より:

    先生、クライアントという言葉はこの場合は適切ではありません。また強いて遣うとすれば立場が逆ですよ。
    外来語はむづかしいですね。クライアントとは「顧客」とのことです。
    走りすぎて頭がパンク?ほどほどに頑張ってください。

  2. 三四郎 より:

    まいど!
     「一周の平均25分(給水時間も含む)」とありす。
     当方、この7月20日から、御所周回をホームグラウンドに、トレーニングに励むことにしました。
     早朝が中心なので、先生と対面することはないのでしょうが、給水ポイントがみつかりません。やむなく2周で切り上げているのですが…。
     給水ポイントをぜひお教えください。給水できれば、先生と同じように4周トレができます。そうすれば、鬼に金棒?です。

  3. 山百合 より:

    先生、そんなに毎日走って大丈夫ですか???
    もともと基礎体力があるから平気なんでしょうか?
    今年はもう梅雨明けです。
    専門家はじゅうじゅう承知の助でしょうが、暑いですので
    カラダにお気をつけて頑張って下さい。

  4. 三四郎 より:

    まいど!
     御所周回コースに水場がありました。迎賓館正門脇の学習院初等科横の公園の中に。信号を渡ってかなりそれるので、通常のトレーニングで使う気は起きませんね。何かの時に、水場があることを承知しておくということでしょう。
     ペットボトルを身につけて走ったこともありますが、チャポンチャポンするのが気になります。NAショップのお兄さんに相談しましたが、名案はありません。各種サプリメントジェリーは、好みでないと、わがままばかり申しておりますが、そのジェリーの容器に水を入れて凍らせれば、チャポンチャポンしないのではないかと。やってみましょう。結果の報告は後日。

  5. 三四郎 より:

    まいど!
     ジェリーの空袋での給水2度ほど試しました。結構いけます。
     コンビニのサプリメント・ジェリーを買って食べた上で、水道水で袋内を何度も洗い、水を7部目程度入れて、空気を抜き、栓をして冷凍庫で凍らせる。ウエストポーチに入れて走っていると、だんだん氷が解け、必要になったらチュウチュウと水を吸う。
     入っていたサプリメントの味がなかなか抜けないのが玉にきず。給水用の袋を売っていてもいいなあと思うので、アートあたりで探してみましょう。
     ウエストポーチは、腹側にあった方が走りやすいのですが、それでは氷で腹が冷えるので、骨盤側にせざるをえないのですが、体がだんだん熱くなると腹側でもOKになります。

  6. 三四郎 より:

    まいど!
     渋谷のアートにいってきましたが、残念ながら適当な物はありませんでした。山岳トレイルなどで使う背負う〝水筒〟はありましたが、街中のランニングにはいかがかと。
     念のため、アウトドア用品の階も見てみました。山登り用に、ペチャンコになる〝水筒〟:それぞれカタカナ用語がついていますが機能は、水筒なので:がありましたが、登山用なので、身につけて走ることを想定しておらず、そのままでは使えません。
     若干加工すれば、使えるかなとも思いましたが、今回はパス。
     メーカーは消費者の要望に鈍感だね。もっとも、私の要求が特殊なのか?